大阪フリーランスのデメリット

フリーランスという働き方の魅力をいうと、「ぜひ、フリーランスに転身したい」と考える方も多いと思います。仕事も自由に選ぶことが出来ますし、大都会の大阪ならではの収入アップも自分次第で叶えることが出来るでしょう。
プライベートの時間も大切にすることが出来ますから、とても魅力的ですよね。
しかし、フリーランスという働き方にもデメリットがあるため、事前にこのデメリットも理解しておく必要があるでしょう。では、大阪フリーランスのデメリットとは一体何があるのでしょうか。

まず、フリーランスという働き方は、それぞれの仕事に応じて契約を結ぶことになり、その仕事が終了した場合、次の仕事がスムーズに入ってくるとは限りません。
そのため、仕事がない期間が出てしまう可能性があるということ。
また、しっかりと納期内に収めたものでも、クライアントにとって「これは、希望していたものとは違う」と思われてしまった場合には、報酬が支払われなかったり、今後の契約などが打ち切られてしまう可能性もあります。それだけ、フリーランスという働き方はシビアということ。
スキルがないと判断された時には、次の仕事依頼が来ることはないでしょう。

また、時には怪我をしてしまったり、病気などにより仕事が出来ない状況になってしまうこともあると思います。企業に所属していれば、有給休暇などを使うことが出来、収入も確保することが出来ますが、フリーランスとなれば仕事をしなければ収入はゼロになってしまいますから、治療費などを考えるとマイナスとなってしまうこともあるでしょう。
常に、こういったことに備えておくことも必要となってくるかもしれませんね。

このように、大阪でフリーランスをするという働き方には魅力がたくさんありますが、独立すること自体のデメリットがあることも忘れてはいけません。
これらも理解した上で、やりがいを求めてフリーランスへの転身をすることが大切となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です